キンツレ KIENZLE クロノグラフ ムーンフェイズ 裏スケ 手巻き



キンツレ− クロノグラフ腕時計です1970年代に作成されたものです。
直径38ミリ、手巻きで裏側スケルトン、ムーンフェイズです。
ムーブメントはバルジュー7768[VALJOUX7768]を搭載しています。
日差は1分以内、平置きでの計測ですがかなり精度は高めでした。
文字盤は金属か陶器でしょうか。光沢感があります。
ケースは金メッキでコーティングされています。
防風はガラスの様に思えます。

きんつれ 写真1

キンツレと聞くとやはり大きな置き時計を想像してしまいますが
腕時計も作っていたんですね。
腕時計としての機能はもちろん、裏を返せばスケルトンでムーブメントの
動きを眺めるという視覚で味わう事もできます。
仕上げにこだわったムーブメントの動きを眺めることは、
機械式時計の楽しみのひとつなのではないでしょうか。

バルジュー 写真2

ムーンフェイズについて
月齢表示機能です。
現在では装飾として使用されていますが、
船が主な交通手段だった20世紀初頭までは潮の満ち引きなどを知るために
重要な機能でした。
18世紀後半、ブレゲがに作った時計には、
現在と同じ仕組みのムーンフェイズがすでに用いられているそうです。


キンツレについて
1822年ドイツ南部のシュヴェニンゲンにて設立された、
ユンハンス、ウルゴスと並びヨーロッパ(ドイツ)を
代表する最も歴史ある時計メーカーのひとつです。
1997年、一度は香港の企業に買収されたものの、
その後再びドイツの企業として返り咲き、
今でも長い歴史を生き残る優良時計会社です。

ばるじゅー 写真3


Valjouxについて
語源は、フランス語の[Vallee de Joux]
※ジュウ渓谷という意味。
1901年に、Raymond(レイモンド)兄弟により「ジュウ渓谷」内の
レ・ビュに創設されています。
クロノグラフを得意とするムーブメント製造の専業メーカー 。
Valjouxのムーブメントは、パテックをはじめ、オーデマ、ロレックス、
インターナショナル、 ジャガールクルト、ホイヤーにも搭載された
クロノグラフの名門として、知れ渡っております

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment