ショパール(Louise Ulysse Chopard) 銀懐中時計(0.800) ヘアライン無


スイスの老舗時計メーカー、ショパール(Louise Ulysse Chopard)
の銀懐中時計です。約120年程前の大変古い懐中時計です。


巻上げはカギによる手巻き式です。
ケース裏蓋を開けますとカギの差し込み口
が2つあり、中央の差し込み口は時刻合わせ。
右斜め下の差し込み口はバネの巻上げを行います。


ケースの素材は銀(中蓋除く)です。
銀独特の銀白色の金属光沢の輝きは素晴らしく
高級感あります。


文字盤は貴重な陶製です。
陶製の光沢は鮮やかで目を引きます。

手巻き式懐中時計

特筆すべきは文字盤にヘアラインがないこと
ではないでしょうか。大変貴重だと思います。


一般的にですがヘアラインは
作られた時に入っていたであろうと思われる物や
長い年月の間に入ってしまうものもあり、
陶器の茶碗や湯のみと同じ陶器であるため
長い年月の間にヘアラインが入ることはごく一般的
と聞きます。
日本の四季のある気候で、今の状態を維持
できるのでしょうか…


文字盤のインデックスはシンプルで見やすい
ローマ数字を採用し、
高級感あふれる手の込んだ
金色の針とよくあっていると思います。

ヴィンテージ懐中時計

中央上部に書かれている[Bikupan]は
19世紀、スカンジナビア市場のための
ショパールのリブランド名と聞きます。
Bikupanはスウェーデン語の単語、[ハイブ]
蜂の家を意味しているそうです。


重量は87グラムと、重量感あります。
ムーブメントシリアルナンバーは4桁台の
[3845]と貴重なのではないでしょうか。


裏を返せば彫刻が施されています。
少し荒い感じもする彫刻、暖かみを感じる彫刻、
手彫りでしょうか。
素晴らしいデザインだと思います。

しょぱーる

ショパールの銀製懐中時計、ヘアラインなし、
ムーブメントナンバーは4桁台と
レアなお品物なのではないでしょうか。
全体的に状態が良好であり、
文字盤の光沢も素晴らしく、高級感漂う懐中時計、
この機会にコレクションに如何ですか。


ショパール(Louise Ulysse Chopard)
1860年、ルイユリス・ショパールがジュラ山脈に設けた
工房が始まりとされています。
ルイユリス・ショパールのアルファベットを用いた
「L.U.C」を文字盤に記した時計は、ヨーロッパなどで人気を博しました。
1937年に本拠地をジュネーブにを移転し、国際的な高級時計メーカーとして
ビジネスを展開するようになります。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment