ショパール(Louise Ulysse Chopard) 銀製懐中時計(0.800) 付属品有



Louise Ulysse Chopard(L.U.C) ショパールの銀製懐中時計です。
直径約51-52ミリ(竜頭含まず)、厚み:約13ミリ
と中サイズ、ケースは銀製(銀純度0.800)です。
防風はプラスチック、文字盤の素材は貴重な陶製です。
鎖の素材は恐らく真鍮製です。25グラムあります。
保護ケースはアルミの様な軽い金属の様です。20グラムです。

アンティーク銀製懐中時計

ケースには経年からくる擦り傷多数あります。
ケース外輪の赤褐色のペイント部分が所々剥げてます。
防風は綺麗な状態です。
文字盤ですが4時から11時にかけてヘアラインあります。
その他は特にありません。陶製独特の光沢があります。
竜頭の巻き上げスムーズです。
時刻合わせが特殊です。
懐中時計の左肩側にごく少しばかり突起が御座います。
この突起を押し込み、竜頭を回しますと時刻合わせができます。
日差は平置き1分以内です。
かなり精度は高めです。10秒以内に収まってました。

ルイ・ユリス・ショパール

素材は随所に良いものを使用しており、高級感漂う懐中時計です。
日差は平置き1分以内です。精度も高めで駆動音も快調の様です。
時刻合わせも一風変わっております。
付属品はチェーン、箱、保護ケースがつきます。
保護ケースも年代を感じさせる珍しい一品だと思います。
当時、高価な懐中時計を傷から守るために外出時等に保護ケースに
入れて持ち歩いていたのでしょうか。


ショパールの銀製懐中時計、中々レアなお品物なのではないでしょうか。
更に付属品も鎖、箱、保護ケースとついております。
全体的に状態が良好であり、文字盤の光沢も素晴らしく、高級感漂う懐中時計、
この機会にコレクションに如何ですか。

しょぱーる

ショパール(Louise Ulysse Chopard)
1860年、ルイ・ユリス・ショパールがスイスに設立。
現在はスイスのジュネーヴに本社があります。ドイツのフォルツハイムに工房を設立。
有名なシリーズに以下があります。
・ダイヤモンドをあしらった特徴的なデザインの[ハッピー・ダイヤモンド]シリーズ
・創業者の名前にちなんだ[L.U.C]シリーズ
・イタリアのクラシックカーレースである「ミッレミリア」の参加者のために作った同名の時計

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment