ハミルトン(Hamilton) 懐中時計 1920年代 グレード978


ハミルトン(Hamilton)の懐中時計、
1920年、大正9年に製造された時計です。


16サイズのジュエル数は17石、
グレード978です。

直径約49ミリ(竜頭は含まない)、厚さ約13ミリ
重さは約92グラムと重量感あります。

はみるとん

ケース裏側には美しい草花の絵の彫刻があり、
当時をしのばせてくれるかのようです。


中を開ければムーブメントにも彫刻が施され、
細かい所までこだわりがあり、古き良きこの時代の
丁寧な作りが確認できます。
緩急針はスワンネックが採用されています。
スワンネック緩急針は高級機に採用されている事が多く
超微細な調整が可能です。

ハミルトン社

文字盤の状態は時代を考えますと良い方で、
更にホワイトと黒のインデックスはシンプルで
確認しやすいかと思われます。


ハミルトンの懐中時計グレード978、
中々珍しい一品なのではないでしょうか。
古いアンティーク感たっぷりの懐中時計
コレクションの一つとして如何ですか

鉄道懐中時計

ハミルトン(Hamilton)について
 アメリカ発祥の時計メーカーである。
 現在はスイスのスウォッチ・グループ傘下の
 時計メーカーである。
 生産モデルはレディース用宝飾腕時計から
 メンズ用腕時計のミリタリー風のまで幅広い
 ラインナップを揃えている。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment