ハーマン(HARMAN) アラーム懐中時計 1930年代


ハーマン(HARMAN)のアラーム付き懐中時計、
推定1930年代に製造された懐中時計です。
ハーマン(HARMAN)につきましてはしっかりと
調べる事が出来ませんでした。
はっきりしないメーカーの様です。
アメリカ、ニューヨークに創立とも
スイスのメーカーだとも記事がありますが
真意の程は不明です。

目覚まし懐中時計

指定した時刻になりますと目覚まし時計の様な甲高い
鈴の様な音が鳴ります。
鈴の音も昔馴染みの懐かしさを感じる音です。
直径約53-54ミリ、厚さ15-16ミリ、
92グラムと大きめの懐中時計です。


アラーム音は15秒程でしょうか。元気に
鳴ります。アラーム音につきましては
YouTubeへも動画をアップしており、
アラーム音の確認は可能です。
アラーム時刻合わせ、アラームのオンオフは
懐中時計の裏側の蓋を開けますとダイアルと
オンオフ切り替えのスイッチがあります。

ハマーン

懐中時計のサイズは16サイズ(約53ミリ)、アラーム機能が
付いているせいでしょうか。厚みのある懐中時計です。
ずっしりと重量感があります。
文字盤には半円形の細かい彫り模様(ギューシェ模様)があります。
懐中時計の時刻は実際よりも遅れておりますが
時計の駆動音は快調のように感じました。
竜頭の巻き上げ、時刻合わせ等に不具合はありません。

アラーム式懐中時計

銀色のケースの輝きも素晴らしく、
時代を考えますと状態は良いかと思われます。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment