ポレオット(POLJOT) ロシアンクロノグラフ腕時計 CAL.3133


直径38ミリ、手巻きのロシア製(POLJOT)のクロノグラフ腕時計です。
推定1970年代以降製造、手巻き方式です。
ムーブメントはCAL.3133、有名なバルジュー7733(Valjoux7733)に
酷似しているムーブメントです。
見た目はすごく似てますが磨耗しやすいホゾへのルビーを追加、
石数が17石から23石になっていたりと、いくつかの補強がされて
おり、耐久性等はアップしているようです。

ポレオット

文字盤の白に黒のインデックス、黒の針はシンプルではありますが
確認しやすく、シルバーのケースにもよく合っています。
緑のベルトもインパクトがあり、ロシア製の腕時計の雰囲気を
感じてしまいます。
日差は3分以内です。実際よりも早く進みました。
一度の巻上げで30時間以上稼動しております。
クロノグラフ機能も正常に稼動しております。
ムーブメントはクロノグラフ機能を含め快調です。
操作ですが、右上のボタンを押すとクロノグラフがスタートします。
右下のボタンはクロノグラフがストップとリセットです。

ムーブメント cal3133

バルジュー7733(Valjoux7733)に酷似した一風変わったムーブメントを
搭載したロシアンクロノグラフ腕時計、
状態は良好、個性的なアンティーク腕時計をお探しの方、
この機会に如何でしょうか。

ポレオット クロノグラフ腕時計

ムーブメントについて
 ムーブメントCAL.3133は、
 バルジュー7733(Valjoux7733)のコピー品と雑誌や時計サイトでは
 定説化されていますがそれとは別にの定説もあり、
 ムーブメントCAL.3133について調査してあるサイトを
 発見致しました。
 ロシアンクロノグラフの軌跡
 引用させて頂きありがとうございます。


 以下抜粋致します。
 1955年、モスクワ第1時計公社はビーナス150(Venus150)を元に
 Cal3017の開発に成功し生産開始する。
 1974年、モスクワ第1時計公社はエボーシュ社とバルジュ7734(Valjoux7734)
 のライセンス生産の契約について調印し、
 さらにムーブメント製造機械一式を購入する。
 以降[Poljot3133]の名称でバルジュ7734(Valjoux7734)を生産するようになる。
 単なるライセンス生産ではなく、磨耗しやすいホゾにルビーを追加、
 バルジュー7733(Valjoux7734)が17石であるのに対しPoljot3133は23石、
 他には逆ネジのネジの頭の構造や、カムのチェンジャーの構造等の
 改良も加えられている。
 1991年に共産国であったソビエト連邦は崩壊し、
 資本主義国であるロシア連邦にかわった。
 一時は倒産も危ぶまれたが、ポレオットは社員数約6,000名の大企業
 として現存している。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment