DOXA ドクサ レギュレーター アンティーク腕時計



ドクサ(DOXA)、腕時計です。
懐中時計を腕時計にコンバートしたタイプです。
裏側はスケルトンとなっております。
文字盤はレギュレータータイプです。

懐中時計腕時計コンバートタイプ


ブラックの文字盤は精悍で、ローマ数字のインデックス、
模様のゴールドの対比が綺麗で目を惹かれますね。
懐中時計でいう18サイズはあろうかと思われる大きな
時計は重厚で迫力があります

どくさ


ドクサ DOXAについて
1889年創業のスイスの時計メーカーです。
日本ではあまり馴染みのないメーカーのように感じますが、
古い時計マニアには密かに人気があるようです。
1978年に廃業、その後復帰し今も続いているとも聞きますが
詳細は分かりませんでした。

アンティークコンバートタイプ


レギュレーター Regulateurについて
文字盤ダイアルの時、分、秒がそれぞれ別に
表示されているタイプ(3針独立表示)。
または、時計工場等においてある機械式時計の
調整や精度チェックに用いる
精密時計のこともレギュレーターと呼ばれます。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment