• W15020940
  • W15020940
  • W15020940
  • W15020940
  • W15020940
  • W15020940
  • W15020940
  • W15020940
  • W15020940
  • W15020940
  • W15020940
  • W15020940
  • W15020940
  • W15020940
  • W15020940
  • W15020940
  • W15020940
  • W15020940
  • W15020940
  • W15020940
  • W15020940
  • W15020940
  • W15020940

SEIKO Seikomatic セイコー セイコーマチック Cal.603 60’S 不調


[基本情報]
 商 品 名 :自動巻き腕時計 推定1960年代製造
 メーカー名 :SEIKO セイコー
 ムーブメント:Cal.603
 機   能 :自動巻き 30石
 サ イ ズ :直径約36ミリ(竜頭は含まない)、
        幅約10ミリです(風防の厚み含む)
 重   さ :約59グラム(ベルトの重さを含む)

[商品の状態]
 ケース:ステンレススチール製です。
     経年からくる傷が複数あります。
     [裏面の刻印]
     [Seikomatic]
     [J14074DE]
 風 防:素材はプラスチック製です。
     細かい擦り傷あります。
 文字盤:経年による焼けあります。
 ベルト:ラグ幅は約18ミリです。
     伸縮性のある金属製のベルトです。
     腕回りは伸びていない状態で約16センチ程です。
 機 能:駆動させてもすぐ止まってしまう不調品です。
     どんなに長くとも20~30分程で止まってしまいます。
     竜頭を一段引き上げますと時刻合わせ
     が行えます。
     

[商品説明]
 セイコーの自動巻き腕時計、1960年代のセイコーマチックです。
 手巻きが多かった1960年代にセイコーが自信を持ってリリースした
 モデルと言われています。
 
 当時のキャッチコピーは「竜頭の見えない自動巻き」、
 竜頭がケースの奥に収まり隠れています。
 当時のテレビCMがYouTubeにアップされているようです。
 
 淡く焼けた文字盤が好印象の1本です。
 バータイプのアプライドインデックス、
 ドルフィン針とアンティーク時計らしいデザインで
 懐かしさを感じます。
 
 ムーブメントはCal.603を搭載しています。
 製造時期は1960年代です。
  スペックは
  30石、毎時18000振動となっております。
 30石のCal.603は最上位機種と聞きます。
 ゴールドのムーブメントの輝きが
 眩しいです。
 
 ムーブメントは手巻き機能はありません。
 軽く振る事でぜんまいが巻き上がり
 作動し始めます。
 
 上で書きました様すぐに止まってしまう
 不調品です。
 ローターの回転音は小気味良い音をたて、
 すぐに動き出すのですが。
 ローターの回転が巻き上げに伝わっていないので
 しょうか。
 
 可能であれば修理して使って頂きたい思いあります。
 
 当時の良い雰囲気を
 感じさせてくれる国産のアンティーク腕時計、
 この機会に如何でしょうか。
 ご検討宜しくお願い致します。

[動画]
 YouTubeに動画をアップしております。
 もし宜しければご確認下さい。
 SEIKO Seikomatic セイコー セイコーマチック Cal.603 60’S 不調


マイ・オークションをごらんください

販売価格(税込)
¥7,480
在庫状態
売り切れ
売り切れ